占い師に相談する前にすべきこと5つ

占い師に自分の心の中をさらけ出して鑑定してもらう…程度の差はあれど、何回経験しても緊張するものです。
特に初めて占いを受ける相談者や、電話というコミュニケーションツールを利用するということそのものに抵抗があると、「占い師はどんな人だろう。当たるのかな。怖い人じゃないといいな」なんて不安でドキドキ落ち着かないはず。
そこで鑑定を受ける前に、どういった準備や心構えをしておいたらいいか、ポイントをまとめてみました。

悩みを自分なりにまとめておく

いざ占いを開始しても、自分の悩みや要点がまとまっていないとうまく説明ができず、占い師に正しく伝わりません。
ベテランやコミュニケーションが得意な占い師なら、相談者の心のうちをきちんと引き出せるかもしれませんが、それでも貴重な時間を無駄にしていることは変わりません。

でも、自分が何を悩んでいるかわからない、なんて人もいるかと思います。
そんなときは、気になっていることや不満など、なんでもいいので思いつくままに紙に書きおこしてみてください。
箇条書きでも長文でも構いません。体裁は気にせず好きなように書くことが重要です。

一息ついたところで見返してみると、不思議なことに自分の意外な心理がさらりと表れているものです。
その内容は悩みのきっかけであったり本質であったりと様々ですが、「自分はこういうことでひっかかっていたのか」というひとつの「気づき」になります。
紙に書く→読み返すを何度か繰り返すことで、相談したいことの姿が少しずつまとまってくるでしょう。そのいくつかのキーワードをメモにして、手元に置いておけば相談のときにも安心です。

この『書き出し』は、悩みが多すぎて何から質問すればいいかと困っている人にも有効です。
悩みが多すぎてわからない=あれこれと思考が散らばっている状態なので、文字にして表すことでまとめやすくなります。
さらに、占い師に鑑定してもらうための優先順位をきちんと決めておいてくといいでしょう。
占い師はたくさんいますが、特におすすめの占いサイトを御紹介します。
▶︎▶︎人気電話占い
▶︎▶︎地域の占い師を探すならココ

希望の占術について把握しておく

星占い、タロット占い、手相占い、六星占術、霊感占い、易…などなど、占いにはたくさんの方法があるのはご存知のとおりです。
対面占いだろうが電話占いであろうが、だいたいは、自分が好みとする占術の占い師を希望するかと思います。
ただ、本格的な占い自体が初めてで、占術といわれてもどれがいいのかよくわからない、という人も少なからずいるのも確かでしょう。

そんな人には、気になったメジャーな占術について、おおまかにでいいのでネットを使って調べてみることをおススメします。調べているうちに、○○占いは好きじゃないかもとか、○○占いは信用できないとか、自分なりの好みで振り分けができくるはずです。
占いが終わったあとに「なんか今回の占いの方法、好きじゃないかも…」なんて後悔をしても、時すでに遅しです。

また、自分のインスピレーションで占い師を決めたはいいけど、実はその占い師が使っている占術についてまったく知識がないという人もいるかと思います。そんな人でもやはり、今回の占い師が用いる占術について軽くでも予習をしておいた方が無難です。

ひとりの占い師が複数の占術を使うことだってよくあります。
今日はどんな占いの方法がいいですか?と尋ねられる可能性もあるので、予備知識があるに越したことはありません。

登場人物の生年月日を調べておく

鑑定の相談内容で人気があるのはやはり恋愛などの相性相談です。
となれば、占術によっては相手の生年月日などのデータが必要ですよね。
念のため、占いたい相手の漢字指名と生年月日くらいは調べておきましょう。
占いで使うことを知られたくない人は、日常的な会話のなかに誕生日の話題をさりげなくもちこんでみてくださいね。

見える位置に時計を置く

電話占いの場合、時間の管理がとても大切になります。
うっかり相談時間を予定よりオーバーして望まない超過料金がかからないように、手元の時計でチェックしておきましょう。
タイムリミットさえわかればいいので、時計ではなくタイマーでも大丈夫です。

手元にペンとメモ帳を用意しておく

あとで鑑定結果を振り返るためにも、メモを取ったりレコーダーで会話を録音しておくといいでしょう。
メモは手元で書くだけなので問題ありませんが、レコーダーの利用については占い師側で禁止している可能性があります。必ず事前に確認が必要です。
レコーダーの利用についてきちんと確認をし、利用可能と許可をもらった上で、「参考までに会話内容を録音させていただきます」とひとこと伝えておけば、失礼はありません。

最後に

どんなに会話が盛り上がっても、残念ながら時間と予算には限りがあるものです。
予算に応じて延長ができればいいですが、現実問題としてなかなかそうもいきません。
限られた時間のなかでスムーズに会話をすすめるためにも、自分なりに準備万端にしてから占いをスタートしましょう。
事前の準備があるかないかは、いかに有益な鑑定を受けられるかどうかに直接かかわってきます。

こちらの占いも人気

2018年の恋愛運勢|タロット占い

2018年の新しい出会いはある?|タロット占い

2018年の片思いは成就する?|タロット占い

2018年の私の復縁は叶う?|タロット占い

定番!12星座占い 2018年はどんな年?

➡️おひつじ座(3/21〜4/19)の運勢

➡️おうし座(4/20~5/20)の運勢

➡️ふたご座(5/21~6/21)の運勢

➡️かに座(6/22~7/22)の運勢

➡️しし座(7/23~8/22)の運勢

➡️おとめ座(8/23~9/22)の運勢

➡️てんびん座(9/23~10/23)の運勢

➡️さそり座(10/24~11/21)の運勢

➡️いて座(11/22~12/21)の運勢

➡️やぎ座(12/22~1/19)の運勢

➡️みずがめ座(1/20~2/18)の運勢

➡️うお座(2/19~3/20)の運勢

運勢 2018 TOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!