姓名判断-2018年運勢占い

姓名判断2018年の運勢

姓名判断で占う2018年の運勢

この占いで分かる事。

・2018年総合運
・2018年金運
・2018年仕事運
・2018年恋愛運

スポンサーリンク

あなたのお名前

姓名から判断できる運勢と傾向

人が生まれてきて最初に与えられる贈り物が名前であり、その名前は一生を共にするお守りになります。
それだけ大切なものですので、名前を決めるときに姓名判断を利用しているかたがとても多くいらっしゃいます。
姓名判断というのは名前の画数や画数の組み合わせを通して、その人の内面や考え方、そして一生をどう歩んでいくのかを占うものです。
名付けの際にはもちろんのこと、生きていく上で指標となるものが欲しいときに、長期間共にあった姓名を占ってもらうことで、どのように歩んでいけばいいのかという判断をすることができます。

姓名と画数の関係

名付けというのは、幸せな人生を願ってされるものです。
その後押しとなるのが、姓名判断を用いて縁起のいい名前をつけることです。
どう名前をつけるかで、どういった運をつけることができるのかが違ってきます。
たとえば健やかさを願って、たとえばいい友人関係に恵まれることを願って、様々な願いによって、それに対応する画数あるのです。
そしてすでに付けられた名前にはどんな意味があるのかを調べることで、その人が基本的にどんな性格をしているのか、恋愛観や仕事運なども知ることが可能になります。
スポンサーリンク

姓名判断の基準

姓名判断では名前の画数から占っていくのですが、一口に画数と言っても種類はとても豊富で、総画、人画、外画、地画、天画と五つに分類されます。
そしてその種類に関しても様々なルールがあって、人画で判断すると芳しくない結果であっても地画で見るといい傾向が見えたりだとか、一つの名前の中に色々な運勢が入り混じっていることもあります。
ですが、そんな画数でも決して判断に矛盾が生じないのが姓名判断です。
例えば出世運が良好であるという外画に対して、天画では出世できないと言う判断が出ることはありません。
それだけ姓名判断で明確な運勢が判ると言うことは、運命に抗うすべはないのかと恐ろしくなってしまうかもしれません。
ですが、姓名判断はあくまでも占いです。
画数によってある程度その人の生き方や方向性が導き出されますが、結果を知ることでプラスに生かすかマイナスを克服するかはその人次第です。
人生の傾向を知った後、どのような人生設計を立てるかは、自分自身に掛かっています。

姓名判断時の注意点

正しく姓名判断をしてもらうためには、正しい文字を使うことが大切です。
旧字体や新字体などには画数にも違いがあります。
戸籍上で使用している文字が一番ですが、使用頻度の高さを基準にしても問題ありません。
迷ったときには自分にとって馴染み深い方を選ぶのがいいでしょう。
姓名判断というのは奥がとても深くて、画数だけではなく漢字の成り立ちや読み方の音なども大きく関わってきます。
また、姓名判断の流派によっても診断方法や結果が異なってきます。
一つの結果だけで自分の人生においての運勢を判断せずに、色々なところで占いをしてもらって、様々な方向から見てもらうことも一つの手です。

スポンサーリンク

おわりに

姓名判断では、その人の人生の大きな流れを知ることができます。
悩みを相談する占いではなく、生き方を見つめなおし、今後どう生きていくのかの方向性を知るために行う占いです。
しかし、姓名判断の結果が良くなくても気に病む必要はありません。
また、占いによって人生が決まってしまうわけではありません。
占いはあくまで参考ですので、良い結果は素直に喜んで、悪い結果は注意を心がけることにしましょう。
ただ、闇雲に行動するだけではなく、一度姓名判断で総合的な運勢を知ることで、選択に大きな意味を持たせることができます。

運勢 2018 TOP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket